薬剤師求人の多様化

薬剤師さんのイメージといえば、調剤薬局が強いですよね。 身近なところで言えば、ドラッグストアにも薬剤師さんが働いています。 専門過程を経て、国家資格を持った人が働く環境ですので、一般的にはあまり知られておりませんが、薬剤師の就職先は豊富にあります。 ざっと分けても、病院・調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・CRO・SMO・行政機関・メーカー・学校といった種類があります。 薬剤師の勉強はしてきたけれども、どういった職場で働きたいのかあまり考えていないと、いざ薬剤師求人を見てもピンとくる就職先は狭くなるのではないでしょうか。 もし、CROやSMOのように注目されている現場や一見、薬剤師とは無縁に感じる現場にも薬剤師が求められていることが多いのです。

また、働き方も人それぞれです。 一昔前は、就職といえば正社員になることが当たり前でしたが、職場によっては、パートやアルバイトを起用していたり、派遣社員として勤務する事も増えてきております。 女性の場合は特に、出産や育児で一旦仕事を辞めてしまうことが多く、せっかくの資格が宝の持ち腐れになっています。 こういった働き方に多様性を持たせることで、ブランクを埋めたり、再就職がしやすくなったり、更なるスキルアップのための時間もつくれるでしょう。